〝Diary of a Wimpy kid 〟vol.2を読解しよう【4】

前回に引き続き、〝Diary of a Wimpy kid 〟vol.2を読み解き、分かりにくいフレーズや、使えるフレーズをまとめていきたいと思います。

 

(この画像は〝Diary of a Wimpy kid 〟から引用しています)

 

 

P.107 ● Rodrick knows he’s got me under his thumb with this 〝secret〟thing.

訳:ロドリックは、この秘密によって僕のことを言いなりにさせることができると分かっている

(〝Diary of a Wimpy kid 〟より引用しています)

under someone’s thumb:〜の言いなりになる

 

 

 

 

P.108 ● Manny’s teachers had to call Mom at work and have her come get him.

訳:マニーの先生は、仕事中のママに電話し、マニーを迎えに来させなければならなかった

(〝Diary of a Wimpy kid 〟より引用しています)

ここで使われている〝have her come get him〟の〝have〟は、〝〜させる〟の意味で使われています。

 

 

P.111 ● It was just a matter of time before he found out about the party.

訳:彼がパーティーのことを知るのは時間の問題だ

(〝Diary of a Wimpy kid 〟より引用しています)

 

 

 

(この画像は〝Diary of a Wimpy kid 〟から引用しています)

 

 

P.112 ● But Dad didn’t put two and two together.

訳:しかし、パパは状況から事態を理解しなかった

(〝Diary of a Wimpy kid 〟より引用しています)

 

 

 

P.112 ● So if I can figure out a way to spill the beans without Rodrick finding out, I’m gonna go for it.

訳:うっかり喋ってしまう、秘密をバラす

(〝Diary of a Wimpy kid 〟より引用しています)

 

 

P.112 ● I tried to be as helpful as possible.

訳:僕はできる限り役に立つようにした

(〝Diary of a Wimpy kid 〟より引用しています)

 

 

P.113 ● Albert Murphy has already written back and forth with his penpal a bunch of times, and it’s costing them a lot of money in stamps.

訳:アルバート・マルフォイはもう何度もペンパルとやりとりをしていて、切手代にたくさんお金がかかっていた

(〝Diary of a Wimpy kid 〟より引用しています)

back and forth :行ったり来たり

 

 

 

 

(この画像は〝Diary of a Wimpy kid 〟から引用しています)

 

 

P.114 ● Can you scoot over a little bit?

訳:少し詰めてくれる?

(〝Diary of a Wimpy kid 〟より引用しています)

scoot over:席を詰める

関連記事はこちらです。