〝傷を残したくない〟〝傷が目立たなくなる〟〝傷が残らないようにしたい〟を英語で

前回に引き続き、娘の怪我に関する英語のフレーズです。

顔の傷だし、女の子だし、どうにか傷がなくなって欲しいと願う親心。

傷が出来てしまった後は、ケアリーヴ〝治す力〟という絆創膏で手当てしました。

かさぶたを作らない〝湿潤療法〟をすることが傷を残さない秘訣らしいですね。

なんとか落ち着きますように…!!!

 

 

【傷跡を残したくない】

この画像はまさに今の娘の状態です 🙁

目の上だから絆創膏いやだろうなぁ 😥

でも仕方ないです…。

● We don’t want her to have a scar on her face.

訳:私たちは彼女の顔に傷を残したくない

 

 

【傷が目立たなくなるといい】

● We hope the scar will get less and less noticeable as she gets older.

訳:大きくなるにつれてその傷が目立たなくなるといいな

noticeable : 目立つ、重要な、人目をひくの意味です。

less and less : 次第に少なく、次第に減少していく、ますます少なくの意味です。

 

 

【傷が残らないようにしたい】

● We want to do as much as we can to keep from having the scar.

訳:傷が残らないようにできる限りのことをしたい

keep from : 避ける、差し控える、控えるの意味です。

なので、この場合〝having the scar =傷が残る〟ことから〝keep from=避け〟たいので〝keep from having the scar〟で〝傷が残らないように〟になるわけです 💡

 

 

【健康運がない】

少し前には、息子が手首を痛め、今回は娘の怪我 😥

私も少し前にオーブンで火傷してしまいました 😥

最近 健康運のない我が家です…。

● We have had some health problems lately.

訳:ここのところ健康に問題がある

ネイティヴの方によると健康運という言い方はないようで、上記のような言い方をした方が良いそうです 💡

 

いかがでしたか?今回の表現が少しでも参考になれば嬉しいです 😀

 

関連記事はこちらです。