〝お料理上手ですね〟〝私は食べるの専門です〟〝ソースをかける〟を英語で 〜サンクスギビングの豆知識〜

一昨年、昨年のThanksgivingの時には、ありがたいことに友人や英語の先生からディナーに招待してもらいました。

そんなThanksgivingの時期に言いたかったひと言や、その中の動作を英語でどう言うのかなと思ったものをまとめました。

【お料理上手ですね】

お料理上手な方、いますよね!うらやましいです。

私もいつかこう言われるようになりたいなぁ(*^^*)

● You are a good cook.

訳:お料理上手ですね

 

 

【私は食べるの専門です】

これはThanksgiving Day(サンクスギビングデー)の時に、turkey(七面鳥)を焼くのか聞かれた時に使っていました(^^;)

● Are you going to bake a turkey for thanksgiving?

訳:サンクスギビングにターキー焼くの?

 

● No, I’m not.  My speciality is eating.

訳:いいえ、焼きません。私は食べるの専門です。

 

 

【ソースをかける】

これもThanksgiving Dayのことですが、turkeyの料理とともに、グレービーソースとクランベリーソースが用意されていました。

お肉にクランベリーソースをかけるなんてビックリでしたが、アメリカの方は大体クランベリーソースの方を好んでかけていました。

今年、もしまた招待してもらったらかけてみようかなぁ…。

 

● They put the cranberry sauce over their(またはthe)turkey.

訳:彼らはターキーにクランベリーソースをかけていた

こういう場合にもputを使うんですね。

putは本当にたくさんの動作を表現するのに使えますね。

 

 

 

★Thanksgivingについての豆知識★

【1】Thanksgivingとは…

初期のアメリカ移民たちが日々の生活を神に感謝して、お祭りをしたことが起源とのこと。

アメリカではこの日に家族や親しい友人と七面鳥の料理でお祝いします。

 

 

 

【2】この料理は何だろう?

これまで何度かTurkeyをご馳走になったことがありますが、Turkey自体は全然クセがなく、美味しくいただけるんですが、一緒に出てくるパンが何かに浸かったような料理が夫婦共々苦手で…。

 

英語の先生に、あの料理は何なのか聞いてみたところ、Turkeyの中に、固いパンとスパイスを入れて焼くことで、そのパンにTurkeyの肉汁が入り込んで出来る料理らしいです。

 

それはturkey stuffingと言うそうです。

 

 

 

 

【3】Thanksgiving lunchとは言わない?

Thanksgivingでお食事に招待された場合は、それがお昼時であろうと、夜であろうとdinnerと言うそうです。Christmasも同様です。

We are invited for Thanksgiving dinner.

訳:私たちはサンクスギビングのランチに招待されています

 

いかがでしたか?みなさんの参考になったら嬉しいです 😀

 

関連記事はこちらです。