BRUNO(ブルーノ)スタイリングハンディスチーマーで快適ライフ!!

シワシワな洋服は、だらしない印象を人に与えるので、いつもシャキッとした洋服を着ていたいですよね。

けれども、ふとしたことで、洋服にシワがつきやすいもの。

以前から、お手軽に衣類のしわを伸ばせるハンディスチームアイロンが欲しいなぁと思っていました。

そこで、デザイン性と機能性を両立して高レビューを得ている、BRUNO(ブルーノ)のスタイリングハンディスチーマーを購入してみました!!

 

◆BRUNO(ブルーノ)のハンディスチームアイロンの内容◆

BRUNO(ブルーノ)の商品を購入するのは今回が2回目。

1度目は、甘酒作りのための発酵フードメーカーでした。

それがこちらです。

この発酵フードメーカーは、かわいくて使いやすいので、購入して1年以上経った今も、週に1回の甘酒作りに大活躍しています。

 

 

そんなわけで、BRUNO(ブルーノ)のハンディスチーマーも、きっといい商品なんだろうなとワクワク。

さすがBRUNO!!!

ニュアンスカラーでかわいい〜です!!

付属品はこちらの3点と取り扱い説明書でした。

 

 

◆使い方◆

【1】水を入れる

水を入れるタンクが内蔵されているので、取り扱い説明書を読まないと『水をどこから入れるのかな?』と思いますが、なんと底から入れるんです!!

底の部分を軽く押すとタンクを取り外すことができます。

 

 

付属品のカップを使って、水を入れます。

水は多くても、【MAX】の線の下になるように、水を入れるようにします。

 

【2】電源を入れる

コンセントにプラグを挿し、電源ボタンを押すと…

この状態だったものから

このように、左右のライトがチカっと一度だけ点滅します。

その後、左側のライトだけ点滅し始めます。

これで予熱スタートです。

 

【3】スチームボタンを押す

予熱の25秒後、スチームボタンを押します。

ゴボゴボと音がして、スチームが出始めます。

ぼや〜んとですが、スチームが出ているの分かりますでしょうか?

電源ボタンを一度押して、その後、スチームボタンを一度だけ押した状態がLoモードです。

Loモードだと左側のライトのみ点灯している状態になります。

少なめのスチームなので、薄手の生地や、デリケートな衣類に適しています。

 

 

Loモードの状態で、電源ボタンをもう一度押すと、Hiモードに切り替わり、多めにスチームが出てきます。

Hiモードになると、下の写真のように左右両方のライトが点灯します。

こちらは、厚地の生地の衣類や、ガンコなしわをとるのに適しています。

 

 

◆効果はいかに…?

こちら主人のユニクロのTシャツです。

叩いてシワが伸びるようにして干しているつもりですが、こんなにシワシワに。

主人はシワがついていても気にしない、というありがたいタイプなのですが、私が申し訳なくなるので、どうにかしたい!と思いました。

 

そこで、BRUNO(ブルーノ)のハンディスチーマーを使用してみると…!!

この手のアイロンの初心者で、ササッと使っただけですが、簡単にシワが伸びました!!

もっとコツを掴めば、より綺麗になると思います。

アイロン用のミトンがあれば、後ろから衣類を支えやすくなり使いやすいので、購入することをお勧めします。

私が購入したのは、こちらのアイロン用ミトン。

ダイソーの110円のものですが、私には十分でした!!

 

 

 

◆欠点をあげるとするなら…

ちょっと重め…

こちらのアイロンスチーマー、少し重いとのレビューをちらほら見かけました。

確かに少し重めかもしれませんが、許容範囲だと思います。

まとめて何枚も続けてやらなければ、大丈夫だと思います。

ハンディアイロンを購入するのは初めてなので、他の商品と比較できていませんが。

 

 

Hiモードだと、お水がすぐなくなる…

Loモードだとシワを伸ばすのに結構時間がかかるので、基本的にHiモードを使っているのですが、じっくりシワを伸ばしていると、ゴボゴボ音がしてきて、もうお水がなくなってきていることに気がつきます。

このタイミングが思っていたより早かったので、続けてたくさん使いたい人にとっては、給水回数が多くなって、そこにストレスを感じるかもしれません。

気になったのはその2点でしたが、衣類のシワから解放されることを考えれば、小さなことです。

 

 

電源が入らない〜!!ドキッとすること数回…

こちらの商品を買ってから、「電源が入らない〜!!」とパニックになったことが数回ありました。

というのも、電源ボタンを押し続ける長さが難しいのです。

1回カチッと押すだけでは電源が入りませんし、長押しし過ぎてもつきません。

そこで研究した結果、3秒くらいの長押しをすれば、ちゃんと電源が入るということが分かりました。

買ってから使用5回目くらいで「電源が入らない〜!!」となってしまったので、コツをつかむまで同じように焦ってしまう方もいると思うので、ぜひ電源ボタンの押す長さに気をつけてみてください。

 

BRUNO(ブルーノ)のスタイリングハンディスチーマーを使いこなして、衣類をシャキッとさせて、出かけてみませんか!

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事はこちらです。