太田母斑レーザー治療記録【1】 しみではなかった!! ADM(後天性太田母斑)をしみだと思ってスキンケア

【太田母斑が現れるまでの流れ】

私は昔から色白で肌のキメも細かく、よく肌を褒められていたんです。

 

それが自慢でもありました。

 

ところが…大学入ってからだんだんと両頬に細かいシミのようなものが…。

 

なぜ… 😐  😥  😐

 

確かに中学、高校と体育会系の部活に入って、

5年間ほとんど毎日外で部活をやってきたけれど、

まだ18歳なのにシミが出てくるなんて…。

 

でもまだ薄いし、お化粧でごまかせるな〜となるべく気にしないように過ごしていました 🙄

 

ところが年々増えてくるし、濃くなってくるし心の底ではとても憂鬱な気分でした 😥

 

それでシミにはビタミンC

と思ってビタミンC含有の基礎化粧品買って〝薄くなれ〜!増えないでくれ〜!〟

と頑張ってスキンケアしていました。

そんな努力もむなしく、大学4年生になる頃には結構濃くなっていました…

社会人になって働くようになると手元にお金があるので美白に対する出費が激増していきます 🙄 笑

 

 

【私の美白に対する出費】

ここからは社会人になってからの私のスキンケアを記したいと思います…。

色々ジプシーしていたので一例ではありますが、

★化粧水→イプサR4 約6300円

★美白美容液→HAKU2 約8000円

★クリーム→シノアドア(資生堂)約10500円

合計で24800円也(O_O)

ひと月で使い切るわけではないですが、シミに対するコンプレックスが強い分HAKU2はハイペースで使っていました…。

さらに美容雑誌『美的』を購入し、シミに良いと紹介されてる商品をチェック(。-_-。)

 

まだHAKU2があるのに、シミのためならばと衝動的に色々買っちゃってました。

 

 

 

例えば…

●コーセーのホワイトロジスト40ml 約15000円は頻繁に買ってました 😕

●セルコスメのライトニングエラストコラジェン1.5ml 12個入で約21000円

おいおい…出費しすぎだよ(。-_-。)

 

 

 

振り返って書き出してみて、こんなに高額使っていたことに驚愕Σ(‘◉⌓◉’)

それだけシミをどうにかしたい気持ちが心を占めていました 😥

そこまで気にしてるならなぜレーザーをやらなかったのか。

 

 

【レーザー治療するのをためらったワケ】

その理由は2つ!!

★レーザー後のダウンタイム(レーザー治療後の色素沈着が続く期間)長いため仕事(接客業)に差し障るということと

 

★ちゃんとした病院がどこなのか見極めが難しかった

ことからためらっていました。

 

 

とにかくそれはシミじゃないからとりあえず早く皮膚科に行って先生に診てもらうんだー、と過去の自分に言ってあげたいです 😥

こんな私がレーザー治療に行き着くまでを次回に書きたいと思います 💡

 

 

 

関連記事はこちらです。