ヒマラヤ岩塩・死海のバスソルトでデトックス

◆岩塩でバスタイムを楽しもう

肌が弱い私は、大体の入浴剤が肌に合いません。

痒くなってしまうんですよね。

とはいえ、子供達はシュワシュワする入浴剤を入れるのが大好き!

体を温めるためというより、入浴時の遊び道具になっている感じなのですが。

そこで、肌断食推奨の宇津木先生も入浴剤の代わりに勧めていた〝岩塩〟をお風呂に入れてみることに。

 

 

 

◆ 硫黄の匂いがたまらない!!ヒマラヤ岩塩 ブラックソルト

最初に購入したのが、ヒマラヤ岩塩バスソルトのブラックソルト。

 

 

こちらは、 レビューにもあった通り、なかなかの硫黄臭がします。

温泉好きにはたまらないかも!!

私も独特の匂いと色合いが気に入ったのですが、6歳息子からダメ出しがあり…。

慌ててピンクソルトも購入(汗)。

 

 

ちらのピンクソルトは、思わず微笑んでしまうほどの綺麗な色のピンク色。

ブラックソルトのような硫黄臭がなく、とても使いやすいバスソルトだと思います。

こちらのピンクソルトとブラックソルトを合わせて使うことで、きつくない硫黄の香りになったため、息子から入れてもいいと許可がおりました。

 

 

 

◆死海のバスソルト

ヒマラヤ岩塩に大満足の私でしたが、死海のソルトにも挑戦してみたく、岩塩を使い切ってから、死海のバスソルトも購入してみました。

こちらは、ヒマラヤ岩塩「粒タイプ」と違って、死海でとれた塩の結晶という感じで、お湯に入れるとすぐに溶けました。

 

 

ヒマラヤ岩塩と比べると、こちらの死海のバスソルトが一番発汗作用があったのですが、唯一の難点は、小傷にしみるのです。

私は手荒れを起こしやすいため、指に細かい傷があることがあります。

その傷がヒリヒリ痛いんです。

子供も少しかぶれていたのか、お尻がいたーいと泣き出して。

 

これは、ヒマラヤ岩石を入れた時にはなかったことなので、傷がある場合は使用するのを躊躇ってしまうようになりました。

今度はまたヒマラヤ岩塩に戻そうかなぁ(汗)

 

お肌に傷がない方には、発汗作用があってとてもオススメだなぁと思います。

お肌の調子がいいときに使っていきたいです。

 

 

関連記事はこちらです。