静脈瘤の予防に最適!!履いていることを忘れてしまうほど履き心地抜群の着圧靴下

私の足は、足首から太ももにかけて細い血管がとても目立ちます。

これは高校2年生頃からふくらはぎに少し現れ始め、20代半ばにはもっと目立つようになり、今も私の悩みの1つです。

いわゆる静脈瘤ではありませんが、クモ状とい静脈瘤というものだと思います。

心臓から出てきた血液が、足先まで巡ってまた心臓に戻るため、足首から上にいきたいのに、血管の弁に異常があり、スムーズに戻れないことにより血管が目立って見えるのです。

◆静脈瘤は遺伝する?

私の母にも同じ症状がありますが、姉にはありません。

私は母に体質が似ているところがあるので、遺伝したのかなと思っていましたが、静脈瘤が遺伝するかどうかについてはまだはっきりとわかっていないそうです。

例えば、両親が静脈瘤だったとしても子供は違ったり、両親が静脈瘤なくても子供がなってしまったりということもあるのだそうです。

 

◆妊娠中の静脈瘤

妊娠中に血管が目立ちやすくなる妊婦さんも多いようですが、その場合は元に戻る場合もあるようです。

男性もですが、女性にとってはなるべく軽くしておきたい症状だと思います。

足を人に見られるのが嫌で、横浜に住んでいた時、近くの病院に行ったのですが、「血管の弁は異常ないが、見た目を気にするのなら、硬化療法(次の項目に説明を載せました。)をやることもできるけど、硬化療法をやることで色素沈着が起こることもあるから、かえって目立ってしまうかも。」というあまり治療を勧めたくないという感じを受けました。

◆硬化療法について

血管内に薬を注入して固める。

 

◆レーザー治療

クモ状静脈瘤はレーザーで治療することが出来ます。

実は、アメリカに住んでいた時、皮膚科でクモ状静脈瘤にレーザーを当てたことがあります。

ちなみに、英語では【spider vein (スパイダーヴェイン)】と言います。

1回2万円ほどで5回はレーザーを当てなければならないだろうと言われ、たった1回のレーザーで断念。

 

もうアラフォーなので、そんなに足を出す機会もないだろうし、そんなにお金かけても…。というのが断念した理由です。

これが大金持ちだったら当然やってます(笑)。

◆着圧ストッキング

そこで、勧められたのが【着圧ストッキング】を履くこと。

これは最初に行った横浜の病院でも勧められましたし、アメリカの病院でも勧められました。

着圧ストッキングは、足首が一番きつく、ふくらはぎにかけてゆるくなっているストッキングで、血液が戻りやすくなるよう手伝いをしてくれます。

完治は難しいにしても、悪化するのを防ぐことが出来るのではないかと言われています。

手軽に家で行うことのできる予防法…。

そう思ったのは束の間。

この着圧ストッキング、びっくりするほどきつく、まず履くまでに苦戦します。

横浜の病院で購入した靴下は、履くまでにとにかく足が痛くて、やっと履けたとしても、とにかく締め付けがうっとうしくて、1週間以内に履くのをやめてしまいました。

アメリカの病院で購入した着圧ストッキングは、横浜の病院で購入したものよりもマシでしたが、頑張って履いては中断し、の繰り返しで、なかなか長期間継続することができませんでした。

◆ついに見つけた!!履いているのを忘れてしまうほどの着圧靴下

三日坊主から一念発起して、なんとか継続できそうな着圧ストッキングはないものか、と片っ端からレビューを読み漁りました。

そこでたどり着いたのが、妊婦さんのブランド【dacco ダッコ】の【ホットキュット】と【メディックピエド】の着圧ソックスでした。

少しでも圧が強いものを、とメディックピエドのものを購入。

こちらは足首に最大35hPaの圧がかかるそうなので、期待できそうだなと思いました。

それだけの圧があるのですから、これまでの経験からある程度の履きにくさは想定していました。

が、今までのどの着圧ソックスより履きやすかったです。

もちろん普通の靴下と比べたら、すごく履きにくいですが、着圧ソックスと考えるとかなり履きやすい部類だと思います。

その後、数時間履き続けていましたが、びっくりしたのは「早く脱ぎたい!!!!」と思わなかったこと。

これだけの着圧があるのにこれはすごいことです。

これまで着圧弱めの夜用メディキュットを試したこともありますが、日中ですら鬱陶しく感じてしまったのですが、こちらはそれより圧が強いのに履いていても辛くなかったです。

 

 

 

レビューが少なかったので、購入するのに少し悩みましたが、購入して大正解でした。

メディックピエドが気に入り、もう少し圧の弱めのならなおのこと続けられると思い、メディックピエドの【OLIVE オリーブ】も2セット続けて購入しました。

試着しなくても2セット購入してしまえ!と思えるほど、あっという間に、メディックピエドの商品への信頼が厚いものとなりました。

こちらはなんと小豆島の美容専用オリーブオイルを織り込んであるという面白い商品なんです!

綿が多く含まれているため、肌当たりもやわらかで、こちらは寝るときも履いて寝られる気がします。

ただ、静脈瘤専門医の先生の本を読みましたら、寝るときは着圧ソックスを履く必要はないとのことだったので、もう1つの着圧ソックスと交互に履くようにしています。

メディックピエドの着圧ソックスのおかげで、今までで一番継続できています。

静脈瘤予防のためには、着圧の強さも大事ではありますが、いかに継続していけるかが大事だと思うので、ピッタリの商品が見つけられて嬉しかったです。同じようにクモ状静脈瘤でお悩みの方の参考になったら幸いです。

 

 

 

関連記事はこちらです。