胃カメラやってきました

 

最近はめっきり健康運がない私です。

病院に通いすぎて医療英語に詳しくなってきました(笑)

左肋骨付近に痛み

さて今回なぜ胃カメラすることになったのかというと

アメリカに来たばかりの2年前くらいから体を捻ったりすると謎の痛みが肋骨あたりに走るようになったのです。

それがなかなかの痛みで、痛い間の5秒くらいは息が出来ないほど。

 

それでも頻度は3ヶ月に1回程度と頻繁に起こるわけではないので様子を見てみようと病院に行きませんでした。

 

ところが今年の7月頃、その痛みが2日連続起こりました。

さすがに頻度が増えると不安になってくる…。

痛みもズキズキとかではなく、骨がクッと内臓に差し込むような強い痛みですから。

 

ついに病院に受診、そしてレントゲン

それでまずホームドクターにかかりました。

症状を話すと、レントゲン(X Ray)超音波検査(ultra sound )を撮りに行くように言われました。

アメリカの病院の何が嫌かって、血液検査すらもいちいち違う施設に行かなければいけないこと。

 

日本の病院なら血液検査とレントゲンくらいは同じところで出来ますよね…。

これが本当に面倒です 😕

 

とはいえ、もちろん行かなきゃだめですからその足でレントゲンのところに行き、レントゲンを撮ってもらいました。

痛みがあるところの目印になるようにシールをつけるように手渡されました。

 

その日中に電話で結果を教えてくれましたが、結果は異常なしで一安心。

 

超音波検査は予約をして別の日に受けることになりました。

 

超音波検査

 

さて超音波検査の当日。

前日の夕飯後から絶食、水分もほぼなしで臨みました。

所要時間は30分くらい?

痛みがあるところを重点的に見てもらいつつ、胃や肝臓、脾臓、腎臓を見てもらいました。

 

この結果はホームドクターから連絡があり、超音波検査の結果も特に異常なしとのこと。

昨年3つあった肝血腫がなくなっていたとの良い報告もあり、少しハッピーに(笑)

 

ここで次はどうしたいか、聞かれました。

胃の専門の病院に紹介できるけど、と言われたので念のためかかってみることに。

胃の病院の予約は約1ヶ月後でした。

 

胃の専門病院に受診

1ヶ月後その病院に行って、診察!!

 

ナースさんに服用してる薬の事やアレルギーの有無などを伝え、先生には症状を詳しく説明しました。

 

血液検査を受けたのが半年前だから、近いうちにラボ(血液検査をしてくれるところ)に寄って受けるように言われました。

そして〝胃カメラをやってみましょう〟と予想通りの展開になりました。

まさかアメリカで胃カメラをやることになるなんて…

でも重病だったら困るしやるしかない。

 

その日の帰り、ラボに寄って血液検査してもらいました。

血液検査の結果も問題なし。

胃カメラで何か分かるのかなぁ 🙄

 

胃カメラは午前11時からになりましたが、10時半には病院に来ているように言われました。

胃カメラの所要時間は10分程度、全身麻酔なので付き添いの人を連れてくるように言われました。

 

 

ついに胃カメラ検査

ついにこの日が来てしまいました。

検査の前日、病院から来て〝夜の12時から飲食しないように〟念を押されました。

検査をすっぽかすと、お金を支払わなければならないよう。

日本でこのようなことがあるのかは聞いたことありませんが、ある意味当然な気もしますね。

その方のために時間を空けて待っているんですから。

 

 

それはさておき…

胃カメラの前にはまた問診。

そして麻酔を入れるための準備で静脈に針を入れられます。

これがなかなか痛い。

刺さった後もズキズキ痛む感じあり。

太めの針でした。

 

主人とはここでおさらば。

15分もすれば終わるので待合室で待っているように、と先生から言われていました。

 

 

ついに胃カメラの処置室に運ばれ

 

麻酔は効くまで1分、長くても5分で意識が落ちると説明を受けました。

 

胃カメラをやる先生に再び自覚症状を伝えて、触診され(お腹をたくさん押されました)

 

いつから麻酔を入れられ始めたのか分かりませんでしたが、次の瞬間、もう胃カメラは終了していました(笑)

 

 

な、なんて楽なんだ!!!

 

喉が苦しい夢みたいなのを一瞬見たのですが、あれは麻酔が効いてきて意識が朦朧とする中、口からカメラを入れている現実の出来事だったんでしょう。

それはともかく本当に楽でした。

そして結果は異常なし!!!

PPI(胃酸を抑える薬)を8週間服用するように言われました。

 

 

結果は異常なしだったけれども…

胃に問題ないのならあの痛みはなぜ起こるんだろう。

薬剤師の先輩にこれまでの経緯を話していました。

そしたらその先輩が〝肋間神経痛じゃない?〟と。

 

肋間神経痛についてよく調べてみると、

姿勢を変えた時に強い痛みが起こる

というところがバッチリ当てはまっている!!!

 

絶対これだ!!!と思えました。

 

原因は不明なので、ストレスが主とされているようです。

 

とにかく体は問題なかったのでストレス発散するように思った一日でありました。

 

 

 

関連記事はこちらです。