肌断食にちょうどいい!!お肌に優しいシルクパウダー

もう8年近く肌断食を継続しています。

肌断食を続けるにあたり、石鹸で落とせる化粧品を主に使用しています。

これまで使用してしていたファンデーションは、ベアミネラルのものでした。

 

コロナ禍でお化粧をする機会はだいぶ減りましたが、それでも紫外線から肌を守るために、さっとつけられるパウダーがあれば心強いなぁと思い、探していました。

 

そこで、シルクにどハマりしている私は、シルクパウダーなるものを発見しました。

私がシルクパウダーを購入した【北尾化粧品】さんは、シルク100%配合のシルクパウダーと、シルク70%配合のシルクパウダーを販売しています。

こちらの成分数は、7種類。

【全成分】シルク、シリカ、タルク、酸化チタン、酸化鉄、ステアリン酸、水酸化アルミニウム

ベアミネラルファンデーションよりは成分数が増えてしまったものの、パフでサッと塗れる楽チンさはやはりいいですね。

付属品のパフは、肌当たりがよく、気持ちいいほどふわふわです。

紫外線に対しては、SPF16、PA++なので、短時間の外出にはいいと思います。

普段、日焼け止めとして、エメローゼンの日焼け止めを使用していますが、家から出ない時は、このパウダーをはたくだけにしています。

このシルクパウダーは、ほとんどカバー力はないのですが、すっぴんを少しマシにしてくれるので、カバー力にこだわらない方にはオススメです。

 

このシルクパウダーで十分満足しているのですが、さらに気になる商品を見つけてしまいました…。

それが、AJPさんから販売されている〝ワイルドシルクパウダー〟。

通常のシルクパウダーは、〝家蚕(かさん)〟といって養蚕家の方に、室内で育てられた蚕のシルクなのですが、この〝ワイルドシルクパウダー〟は〝野蚕(やさん)〟といって、外で育った野生の蚕のシルクを使用しているですとのこと。

 

野蚕(やさん)パウダーは、家蚕(かさん)の2倍の太さの絹糸ができるそう。

自然界にあるものは、日光に当たる機会も多いため、紫外線防止効果が断然違うそうなんです!!

ポーラスと呼ばれるナノレベルの穴を多く持つことが特徴で、極細のタンパク質繊維は皮膚を刺激し、毛細血管を活発にして血管が硬くなるのを予防してくれるという驚きの効果があることにはビックリです。

18種類のアミノ酸からなるタンパク質繊維が、保温・保湿をコントロールして、お肌の乾燥を防ぎ、潤いを保ってくれるそうなので、乾燥肌の方にも良さそうですね!!

 

問題は…

数多くあるレビューの中で何度も見かけた〝臭い〟のこと。

どうも鳥かごの臭いがするらしいです。

 

心配な方は、AJPさんのWebサイトにいくと、無料サンプルを送ってくれるそうなので、ぜひ試してからにしたほうがいいと思います。

私も無料サンプルを取り寄せ中です。

今は無料サンプルの在庫がないそうで、しばらく待ちそうですが、気長に待ってみたいと思います。

 

関連記事はこちらです。