ポイントは3つ!!粉せっけんの溶かし残りを解決!!

合成界面活性剤がいかに肌の正常なバリアを崩してしまうのかを知ってから、極力合成界面活性剤が肌に触れないよう心がけて生活しています。

ドラッグストアで売られている液体の多くの洗濯用洗剤には、合成界面活性剤が含まれていることが多いです。

なので、私は粉せっけんを使用しています。

 

 

私が使っているのは、ミヨシの〝そよかぜ〟。

 

 

粉せっけんは、お肌に優しく、自然な石鹸の香りで、洗い上がりの洗濯物の匂いを嗅ぐのが至福の時。

ではあるのですが、1つ問題が。

 

 

 

そのまま洗剤投入口に入れると、粉石鹸が溶けにくく、乾いた時に衣類が白っぽくなるどころか、洗剤投入口が詰まってしまい、洗濯室が水浸しになってしまったことも(汗)。

そこで、粉石鹸の溶け残りがなくなるよう試行錯誤して、たどり着いた解決方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

ポイント1 ◆シェイカーを使って溶かす◆

こちらダイソーで購入したシェイカーです。

価格はもちろん税込110円です。

家族4人分の洗濯物に対して使用する粉石鹸は1回あたり大さじ3杯。

大さじ3杯の粉石鹸をシェイカーに入れた後、続けて水半分程度入れてよく振ります。

しっかり泡立ったことを確認し、洗剤投入口からではなく、直接衣類の上に粉石鹸液をかけます

シェイカーに残った泡も、水を足してまた洗濯物の上にかけます。

その後、いつも通り洗濯機をスタートさせてください。

この方法で粉石鹸を溶かせば、洗濯後、石鹸の塊が出てくることはないと思います。

 

 

ポイント2 ◆洗濯の水量は多めに◆

最近の洗濯機は、いかに〝節電〟〝節水〟になるかということを重視しすぎていて、肝心の汚れ落ちがいまいちだというレビューをよく見かけます。

 

洗濯する際の水が少ないと、その分汚れ落ちが悪くなる上、臭いもとれにくくなってしまうそう。

 

なので、私は〝水位高め〟を選択し、水を多くして洗濯するようにしています。

そうしてから、やはり汚れがよく落ちるようになりましたし、乾いた洗濯物に白く粉石鹸が残ってしまうこともなくなりました。

 

 

 

ポイント3 ◆1回の洗濯量は洗濯機の7割程度にする◆

洗濯物を1回で済ませたいからといって、洗濯機がギュウギュウになる程詰め込んでしまうと、洗濯槽の中の動きが制限されてしまって、汚れが落ちにくくなってしまう原因に。

 

同じく粉石鹸がしっかりすすがれない原因にもなってしまいます。

スッキリ洗うためにも、洗濯量を守って洗いましょう。

 

 

 

 

★ポイントを生かして快適な粉石鹸ライフを過ごしましょう★

液体の洗濯洗剤をしばらく使用した後、粉石鹸を使ってみると、その扱いにくさに一度は挫折しそうになりますが、きちんと使いこなせば、とても経済的で地球にも優しい洗剤だと思います。

粉石鹸の取り扱いに苦戦している方の参考になれば幸いです。

 

関連記事はこちらです。