【4人家族 我が家の家計簿vol.1】スケジュール手帳で無駄遣いをなくそう!!

スケジュール管理をスケジュール帳に手書きしている方、まだまだいますよね。

私もその一人です。

学生時代から、年に一度どんなスケジュール帳を買うかは、大げさではなく、私にとっての一大イベントでありました。

子育てで疲弊し、少し雑になっていた時期もありますが、今年は徹底的に手帳を活用して支出減を目指したいと思い、色々工夫して書いてみたので、どんな手帳にしようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

DAISO(ダイソー)の手帳を活用

昨年購入してから十分満足しているDAISO(ダイソー)のスケジュール手帳。

今年の手帳もDAISO(ダイソー)の手帳にしました。

星空のイラストがとても綺麗で、気に入りました!!

 

LOFTでスケジュール帳をふらふら見ていて、カワイイのを見つけたので、来年はそれもいいかなぁなんて、すでに思ってしまいましたが(汗)。

それがアニマルパレードのスケジュール帳。

ゆる〜い感じの動物たちに癒されます。

こちらの白くまの便箋を持っていることに気がつき、このイラストがやっぱり好きなんだと思いました。

 

◆アイディアその1 【1年間の支出を1ページで見られるように】

【ほぼ日手帳公式ガイドブック2021】に掲載されている大人気インスタグラマーの【づん】さんのページを見て、スケジュール手帳と家計簿を一体化させるアイディアがすごくいいなと思いました。

【づん】さんは、買い物をした商品の価格を、スケジュール帳の、購入した日の欄に全て書いているんです。

例えば…

7月1日

  • ミディトマト 309円
  • バナナ×3 512円
  • 納豆  85円

といった具合に…。

つまり、レシートを丸写ししている感じですね。

 

 

その【づん】さん手帳がこちらです。

(こちらの画像は【ほぼ日手帳公式ガイドブック2021】から転用させていただいています。)

 

 

私も「これはいい!!」と思い、真似してみましたが、2日目で私にはむいてないと思い、諦めました(笑)。

家計簿としては、家計簿アプリの【Zaim】をもう2年ほど愛用していますが、前の月との比較したい時に少し分かりづらくて。

 

私にむいている家計簿の書き方はないのか?

各月の支出が一目でわかれば、前の月と比べて、節約する目安がつけやすくなるかな?

と考えて、

試しに1年間の支出の記録を一目でわかるようにしてみようと思いました。

ひとまず先月(2021年8月)の支出を書いてみたのがこちらです。

2021年8月の支出は、16万251円でした。

この家計簿には私のプライベートの支出(約12000円)は記入しておらず、また、主人のクレジットカードの支出(約1〜3万)も記入していないません。

現在は社宅補助が出ているため、家賃がそんなにはかかっていないのですが、さらに、通信費、光熱費、水道代が加わるわけなので、結構出費していますね…。

 

●16万251円(クレジットカード 私が使用した分 8月)

●1万2000円(私のお小遣い)

●約3万円(クレジットカード 主人が使用した分)

●約8万円(光熱費・水道代・通信費・家賃等の全ての固定費)

を合わせると…

28万円ちょっとは出費していますね。

今月は指輪のサイズ直しで1万4300円が予定外の出費だったけれども、食費と日用品の支出の多さについては反省すべき点は多そうです。

家計簿を書くことでこうして反省したり、また1年分を1ページでひと目で見られるようにすることで「前の月より1円でもいいから減らすぞー!!」と頑張れるようになるのでは!!と思っています。

 

家計簿アプリに入力するだけで満足し、支出を反省するところまでに至らなかったので、手書きで書くことの大切さを感じました。

 

◆アイディアその2 【持ち物を管理】

自分が持っている衣類、アクセサリー、バッグ類をフリースペースにまとめてみることをオススメします。

洋服をまとめると、着回しのアイディアが生まれで、足りないものが見えてきます。

値段を書くことで、もう十何回着たから元がとれたかな?という満足感が得られます(笑)。

持っているものをまとめると、足りないものが見えてきます。

買い物をするときに、欲しいものではなく、足りないものを買うようにしていくと、無駄な支出が減らしていけると思います。

バッグのサイズを記録してみました。

私が一番よく使うバッグは、小ぶりのショルダーバッグ。

ただ、横幅が20センチ未満だと財布の出し入れに手こずることもあるので、最低でも20センチは横幅がないとダメだと思いました。

 

 

大きいカバンは、学校の行事などで使用することがあるのですが、小ぶりのショルダーバッグに比べて圧倒的に使用頻度が低いことに気づきました。なので、今後はあまり大きいカバンは買わないようにしようと思いました。

 

 

 

 

ピアスは、ついでにまとめてみました。

今あるアクセサリーで結構満足しているので、特に購入希望はありません。

以前は、大ぶりのアクセサリーをアクセントにつけるのが好きでしたが、年齢のせいなのか、だんだん小ぶりのものを好むようになってきましたね。

結構好みが変わるので、あまり高価なものは買わないようにしようと思う今日この頃です。

『一生もの』って言葉がありますが、好みが変化しやすい私にとっては、一生ものってない気がしています。

これからもほどほどいいものを集めていきたいなと思いました。

 

 

 

◆アイディアその3 【欲しいものをリストアップ】

手帳の左側に、その月に購入したいものをリストアップします。

 

 

私は、自分のプライベートの支出は月に13000円以内に抑えたいと思っているので、その予算内になるよう、欲しいものの中から選び出します。

もし、13000円を超えてしまったら、翌月使える金額は、13000円から超過した金額を引いた額になります。

 

 

◆アイディアその4 【収入源の株式投資に関する情報をまとめる】

私のお小遣い源となっている、配当金についてはしっかりまとめるようにしています。

配当金がもらえた時期も書いておくと、次回の目安になります。

 

昨年度記録しておいてよかった!!と思ったのが、この〝株の動き〟です。

1ヶ月でどのぐらい変化があったのか一目瞭然で、評価額が上がった時は、〝先月と比べて〇〇円アップ!!〟と書きます。

そうすることで、「やっぱり投資していてよかった!!」と思うことができ、より投資へのモチベーションが上がります。

 

仮に、先月より評価額が下がっていたとしても、「あ〜下がっちゃったかぁ。でも、お金を使わないで、今こそ株を買おう。」と支出を抑えようという気持ちが働くようになりました。

 

 

 

 

 

◆アイディアその5 【食品ロス・処分したものをまとめる】

食費を下げるには、冷蔵庫にある食材をいかに使い切るかが方法の1つだと思います。

それは分かっているものの、たまに生み出してしまうロス。

処分する際、罪悪感を感じるものの、なかなかロスをゼロに出来ていません。

使ってもいないものを捨てるのはお金を捨てていることと同じですよね。

食品ロスを可視化出来れば、もっとロスを減らすことに意識を持てるかと思い、今回初めて記録してみることにしました。

加えて、【衣類処分メモ】の欄も同じページに設けました。

処分した衣類を記入して、理由も書いてみようかと思っています。

 

 

この1年、何着か服を処分しました。

もちろん古くなって処分したものもあるのですが、

着にくいから…

洗濯しにくい素材だったから…

など他の理由で処分することにしたものもありました。

そういった理由を書き留めて可視化することで、同じ失敗を繰り返さない助けになるのではと思いました。

 

 

服を捨てるのって、なかなかためらいますよね。

部屋着にしようか、と色々理由をつけてしばらくおいておくことも。

服はかさが大きいので、捨てるのに迷うとなかなかスペースをとられてしまいます。

衣類の購入に関する失敗が少なくなれば、支出が減るのはもちろん、ストレスがだいぶ減りそうな気がします。

 

 

 

 

この記録が無駄な支出を減らすのに役立ってくれることに期待したいです。

今後、支出が増えてしまったのか、どのくらい減らせたのかを記録していこうと思います。

関連記事はこちらです。