冷えとり靴下に穴が空いた!!

冷えとりの本を読んでから、冷えとり靴下を履き続けて、かれこれ3年以上経ちました。

とは言っても、ズボラな性格の私。

履いていなかった期間は、もちろんあります(笑)

しかし、5本指靴下を履くのが億劫な私でも、再び履こう!!となぜか思える冷えとり靴下。

今のところ、目に見えた変化は起こっていないけれど、なんだかんだで3年以上も続いている健康法なのです。

 

きっかけは、三尋木さんの本に、〝冷えとり靴下〟が紹介されていたこと。

その後、ふらふらと洋服を買いに、近くの〝DOORS〟に行ったら、これは運命か?ただ単に流行りだったのか?

〝冷えとり靴下〟が売っていたのです。

休日などでずっと家にいる時は、なるべく一日中履くようにしていますが、平日の日中履き続けるのは、なかなk難しく、基本的にお風呂出てからすぐ履くようにしています。

寝る前は、慣れていない時は、脱いで寝ていましたが、最近は気にせずに、寝ている間も履いています。

 

靴下は、シルクのものもあるので、手洗いしています。

丁寧に扱っているつもりでしたが、半年くらい前に、だんだん1枚目と3枚目のシルクの靴下が、薄ーくなってきていることに、気が付きました。

〝ずーっと履いていれば、摩擦して、そりゃ破れてくるか…。〟

と思いつつ、また〝青木美詠子さん〟の〝ズボラな青木さんの冷えとり毎日〟を読み返していたら、

〝靴下が破れるのは体の毒素をシルクが吸いとっているから〟

〝寝たきりの方の靴下も破れる〟

との記述が!!!

 

破れてきてショックを受けていた私は、体の毒素のせいだと思ったら、なんだか嬉しくなってきてしまいました 🙂

私は、2セットの冷えとり靴下を交互に3年履いていたので、経年劣化もあるかもしれませんが(笑)、毒素が出てきていると思って、引き続き、冷えとり靴下を履こうと思った次第でありました。

関連記事はこちらです。