MEYER (マイヤー)のマルチポットは使いやすい?!

調理にたくさん活躍するお鍋のサイズってありますよね。

我が家で一番活躍するサイズは約20センチサイズ。

そのサイズのお鍋がだいぶ年季が入ってきていたので、買い替えどきでした。

ちょうど近くのスーパーで、マイヤーの調理器具の販売が行われていたので、購入してみることに。

MEYER【マイヤー】

1951年に香港で誕生した調理器具のブランド。

その後、拠点をアメリカに移し、今現在もミシュランの三つ星レストランのシェフからも信頼をおかれている。

アメリカでは、シェア第一位を誇る調理器具ブランドなんだそう。

 

持ち手はこんな感じ。

この持ち手は、熱が伝わって、熱々になってしまうので要注意です。

そこが惜しいんですよね…。

鍋つかみが必須です。

ここから湯切りもできますが、なんせ蓋も熱くなってしまうので、火傷をしてしまいそうで、この注ぎ口を使用したことはありません。

煮物、揚げ物にも使えるとのことですが、揚げ焼きをしようとしたら、衣がお鍋にこびりついてしまって大惨事!!

マルチといえど、結局茹でる小鍋としてしか使用できていない私です。

使い方が悪いのでしょうかね…(汗)

ちょっと私には使いこなせない一品でした。

MEYER(マイヤー)には、他にもたくさん高レビューの商品があるので、他の商品を試してみたいなぁと思いました。

 

関連記事はこちらです。