【検証】ビタミンDが風邪をひきにくくする⁈

アメリカに来てから気候が変わったせいなのか風邪をひきやすくなりました 🙄

毎日英語の生活なのでそのストレスによるのもあるのかなぁ 😐

一度風邪をひくととにかく治りが悪くて…咳が2ヶ月近く残ることもしばしば…。

 

 

もう歳のせいもあるんだろうな…(。-_-。)

そして、風邪をひくと治っても、また1ヶ月以内に風邪をひく、ということの繰り返しで、自分の体の弱さがいい加減嫌になっていました 😥

 

 

 

 

 

そんなある日 💡

日本人女性でアメリカでお者さんをしてらっしゃる方と知り合いになり、その話をしてみました 🙄

 

そしたらその方は「うちの家族はビタミンDを飲み始めたら風邪をひきにくくなったよ」と言いました 💡

 

 

 

〝ビタミンDで風邪をひきにくくなる⁈

 

 

 

そういえば

ビタミンDに免疫力を高める効果がある

と聞いたことが…!!

 

今回はビタミンDと免疫について掘り下げてみたいと思います!

【ビタミンDとは/そしてその効果】

  • ビタミンDは水溶性ビタミン脂溶性ビタミンのうち、脂溶性ビタミンに分類されるため、過剰に摂取すると体内に蓄積され過剰症となるので注意

 

  • 摂取量の目安:5.5μg            成人の上限:100μg

 

  • ビタミンD2とビタミンD3に分かれ、ビタミンD3重要な役目を果たす

 

  • ビタミンD2を含有する食べ物は、干し椎茸やしめじ、キクラゲなどがある

  • ビタミンD3を含有する食べ物は、イワシ・秋刀魚・鮭・しらすの魚類、また卵黄やバターにも豊富に含まれる

  • 欠乏すると〝骨軟化症〟〝くる病〟になる

 

  • 日光より皮膚でビタミンDで生成されるが、日照時間の短い国ではビタミンDサプリメントの摂取を促している

 

  • ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨を強化する働きがあるため、骨粗鬆症の方は治療薬としてビタミンDを服用することが多い

  • 筋力を強化する作用があるので肥満予防・肥満解消につながる可能性も!!

 

 

 

★豆知識★

★しいたけを日光に天日干しすると、ビタミンDが増えるので天日干しすることをオススメします 🙂

 

★きのこ類は油とともに摂取すると吸収を高める

 

 

 

 

 

【ビタミンDと免疫力の関係性】

  • イギリスの医学誌が〝ビタミンDと免疫力向上の関係性〟を報告している。

 

  • 日本の臨床試験でも、ビタミンDを摂取していた群としていなかった群とでは、摂取していなかった群のインフルエンザの発症率が2倍だったとの報告がある。

 

 

 

 

【ビタミンDの免疫における働き】

病気の元となる、菌やウイルスと体の免疫が闘う際にビタミンDを活用しているようです 😀

そして免疫のバランスを保つビタミンD 💡 侮れないぞ!!

 

 

 

 

 

【検証結果:ビタミンDを1年間摂取したら】

そのお医者さんに勧められてビタミンDのサプリメントを1年間摂取していました 💡

サプリメント大国のアメリカはサプリメント安くて助かるなぁー(笑)

 

 

その結果…!!!

 

なんと

ビタミンD服用開始してから、1回も風邪をひいていません!!〟

 

この1年で2回くらいは風邪気味(3日くらい喉が痛い)にはなりましたが、なんとひどくならずに改善したんです 💡  💡  💡

 

正直ここまで効果があるとは思いませんでした 😆

 

風邪をひきやすかった私がひかなくなったのは恐らくビタミンDのおかげでしょう‼

日本に帰ってからも絶対続けます!!

 

 

 

 

【まとめ】

風邪をひきにくくなったことは確実なので、風邪をひきやすくて悩んでいる方には自信を持ってオススメします!!

風邪ひいてない記録がどこまで伸びるのか楽しみです 😆

とはいえ、ビタミンDのサプリメントだけに頼らず、規則正しい生活をし、適度な運動もして体力をつけていきたいなと思います 🙂  💡

 

ちなみに私が毎日飲んでいるのはこのネイチャーメイドのものです 💡

日本だとサプリメントは高いイメージがありましたが、このぐらいの価格なら続けられそうですね 🙂

 

 

皆さんも風邪がひきにくくなることを願っています 💡

 

 

関連記事はこちらです。