アメリカでの英語の先生の見つけ方

アメリカで暮らすようになってから1ヶ月経ち、自分の英語をどうにかするため英語の先生を探し始めましたがなかなか見つかりません。

主人は、職場の同僚つながりで先生を見つけましたが、その先生は妊娠中でそのうち主人も新しく先生を探さないといけなくなると思ったので、その先生にお願いするのはあきらめました。

 

 

他の駐在妻の方たちを教えている先生は空いていないし、空いたとしてもその先生は日本語が結構話せるとのことで、駐在妻さんたちもレッスン中につい日本語で話しかけてしまう、という話を聞いてから私も絶対日本語を話してしまいそうだなぁと思い、他の先生を探すことにしました。

 

 

いつ先生が見つかるのかヤキモキしながら過ごしていたアメリカ生活が始まって3ヶ月経った頃、幼稚園で偶然アメリカ人のご主人をもつ日本人の奥さんと出会いました。

 

その方がある日、日本人が多く集まる教会のクリスマス会があるから子供も楽しめるのではないかと紹介してくれました。

 

面白そうだと思って参加してみたところ、30名くらいの日本人の他、アメリカ人も数名参加していました。

 

その中の1人のアメリカ人男性と、うちの主人が仲良く話していました。

私も少し挨拶して話しましたが、なんと感じのいい人ではないですか笑!

私はアメリカ人と話す時とても緊張してしまいますが、その人と話した時はそこまで緊張しませんでした。

この人となら楽しんで英語を学べそう!先生やってくれたらいいのになぁ…と思いました。

 

 

家に帰ってから、主人からその彼が以前ボランティアで英語を教えていたことがあると聞いた時、私も彼に教えてもらいたい!と思いました。

 

主人が彼と連絡先を交換していたので、すぐさま私が英語のレッスンを受けたい旨を連絡してもらいました。

すると…

OK!!!

と返事が…!

 

 

やったー!!!やっと先生見つかったー!

とても嬉しい瞬間でした(*^^*)仲良くなってくれた主人よ、ありがとうー!笑

 

主人にももちろん感謝ですが、あとはやはり行動範囲を広げることで人の出会いが広がるので新しい場に参加することも大事だと感じました。

 

 

そして、自分が英語の先生を探していることを色々な人に話すことも大事です 💡

探していると会う人会う人に話していたら、私はもう先生を見つけた後でしたが、先生を紹介できるかも、と後日数名から言われました。

あとある時車を運転していたら、「Tutor」という文字と連絡先が書いてある張り紙を見かけました。もしかしたら英語を教えてくれる可能性もあるので連絡をとって見るのもアリではないでしょうか。なのでこういう張り紙にも目をとめるといいと思います。

 

私はこうして運良く英語の先生を見つけることができましたが、このことが今探している方の参考になったら嬉しいです。

 

 

 

関連記事はこちらです。