〝穴が開く〟〝ダメにする〟を英語で

少し前に、主人が、私の車のバッテリーを、新しいものに交換してくれました。

そして、古いバッテリー液を回収してくれるお店に持って行こうと、主人は、自分の車のトランクに、そのバッテリー液を入れて、しばらく過ごしていました。

そしたら、ある日、少し焦った様子の主人を駐車場で目撃。

どうしたのかと思ったら〝トランク内でバッテリー液がこぼれてしまった〟とのこと。

トランクに入っていた主人のゴルフバックを触った時、手がヒリヒリしたことを伝えると

〝薄い硫酸が含まれている!!〟と衝撃の事実を知りました。(まぁ危ない液体だとは思っていましたが、硫酸が使われているとは知りませんでした…)

 

それからはさぁ大変!!!

硫酸の中の水分が蒸発してしまうと、トランク内に引いてある絨毯に穴が開いてしまうとのことだったので、必死で洗剤で硫酸を洗い落としつつ、水を蒸発させないように、だいたい2週間くらいでしょうか、しばらくそのようにして過ごしました。

 

 

それからしばらく経ちますが、まだ穴は開いていないので、危機は脱したと言っていいでしょう(笑)

● The acid would eat through the carpet in the car.

訳:酸が車の絨毯に穴を空けてしまうだろう」

これは〝酸によって穴が開く〟を〝acid eats through〟と表現する面白いフレーズですね。

 

● The acid would damaged the carpet.

訳:酸がカーペットをダメにしてしまうだろう

こちらは〝穴が開いてしまう〟というように〝穴〟に限定せずに、様々なダメージの状況に使えます。

ぜひ参考にしてくださいね!!

関連記事はこちらです。