〝「いつでもおしゃれ」を実現できる 幸せなクローゼットの育て方〟で私らしくオシャレをする

30代に入ってから、以前着ていた洋服が急に似合わなくなってきた気がして、ファッションに関する本を買って、その内容を試しているこの数年なのですが。

約1年くらい前にこちらの本を購入し、なんだか納得する部分が多かったので、この本の通りにとにかくベーシックなものを揃えてきました。

 

(画像はhttps://www.amazon.co.jpから引用しています)

 

 

しかし、アレンジが下手なのか、いつも似たようなものを買ってしまうからなのか、その後の私は、とにかくベージュかグレーかネイビーの人って感じになっていました(笑)

 

そして、前作より色を使ってアレンジしてあるこちらの続編も買ってみたんですが。

(画像はhttps://www.amazon.co.jpから引用しています)

 

いつも思うんですが、置き画や素敵なモデルさんだと普通の服も素敵に見えちゃうんですよね。

だから置き画じゃ無くて、著者の方が実際に着ている写真が見てみたいなと思っちゃいます。

この方のレビューに、「〝Instagram〟を見たら、本人が全然オシャレに見えなかった」と意見があるのを見て、辛辣だなぁと思いましたが、実際に見てみたら、私の好みの着こなしでないのもあると思いますが、「確かにそうかも…」と思ってしまいました。

 

でも、ファッションは他人に褒められたらもちろん嬉しいですが、自分が満足するのが一番だと思います。

杉山さんは多分かなりシンプルなファッションが好みなのだと思うので、それはそれでご本人が楽しく着ているのならいいんじゃないかなと思いました。

 

 

私は、杉山律子さんの本にある内容をベースに、何かスパイスとなるアクセサリーやスカーフなどの脇役の色使いをもっと上手になれるように練習しようと思いました。

 

そこで、kindleでサンプルをダウンロードして気になったこちらを購入!!

もう洋服の本は買うのやめようと思っていたんですけどね(笑)

(画像はhttps://www.amazon.co.jpから引用しています)

 

こちらの本は、今まで読んできたファッションの服とは全然違う角度から切り込んでいました。

オシャレになるクローゼットを作ろうというのです。正直、輪輪湖さんのように、同じような形の洋服をいくつも持っていないので、クローゼットの整え方はあまり参考になりませんでした(笑)

著者の方は、以前ファッション業界で働いていらしたのもあって、着こなしが素晴らしいです。

そして、何より個性がある!!!

すごく楽しんで服を着ている感じがします。

私になかったのはこれだと思います。

ベーシックを揃えることに没頭していて、すっかり個性を出すことを忘れていました(笑)

この本では、著者のミランダかあちゃんこと、輪湖もなみさんがご本人が実際にご自分の服を着た写真がたくさん掲載されています。

輪湖さんの着ている服のいくつかは私からすると「私はこんなに派手なのは着られない」と思っちゃいます。

が、それでも素敵!!!

それは、輪湖さんにはとても似合っているから。

輪湖さんは自分の体の長所短所をよくわかっていて、派手な装いが似合うのも分かっている。

 

 

 

それがオシャレになるために、自分の持っている良さを表現するのに一番大事なことなんですね。

こちらの本で、自分の短所をカバーする服の形は見つける事が出来たので、今度は、ベーシックの中に自分らしさを出せる装いを探して行きたいなと思いました。

 

まずは、赤いバッグやレザーのバックなど個性ある脇役を探そうと思っています。

これからアクセントをどう加えていくか、とても楽しみです!!!

関連記事はこちらです。